TOPへ戻る

芸研日誌

芸研日誌

2020年11月04日

情弱の秋。

こんにちは。深夜テンションでこの記事を書いてます、森です。

最近日誌書いてないなーと思っていたら、どうやら8月ぶりの更新らしい。見返したら前の時も久々の更新だって書いてて……。ふらっと当たり障りのない日記を書いているだけのレアキャラでも目指しているんか?

基本日誌を書くときはネタがないか考えながら過ごすんですけど、ここ数日何もない。びっくりするくらいない。授業はオンラインだしバイトは在宅。立派な引きこもりの完成です。試験勉強と卒論に追われているのでニートにはなっていないのが唯一の救い……?なのかも。家から出ないからネタになるようなことが起きないんです。

ここ数日の出来事といえば、芸祭があったじゃないか!っていう人もいるかもしれない。(日誌のネタにする)絶好のチャンスだ!っと参加する気マンマンだったのにもかかわらず、急用で何一つ芸祭イベントに参加すらできずじまい……。菓子盆審査会は純粋に楽しみにしていたので行けなくてショックです。何もわからないのでレポは後輩に全てを託します(最低)。

てかこの日記書いてたら、芸研で企画されていた「そうげい菓子盆選手権」のレポが上がってましたね。めちゃ丁寧仕事が速い……!

https://sougeikashibon.studio.site/

そもそも芸祭って言ってもまだ先だしなーと思っていたら、同期から「明日の芸祭について~」と連絡が来て。え、もう!?ってなるくらいには何も知らなかった。正直、10月の次が11月であることの認識すら怪しかった。これは引きこもりすぎて時間感覚が狂ったせい。

まあこれには理由があって。しばらくネットを辞めていたことがかなり大きい。オンライン授業になって対面で誰かと会うことが極端に減った今、SNSでしか周りの状況が分からない。誰がどんな制作をしているのか、発表の準備の進捗、誰かが行った展覧会とかとか。例年だとメインオブジェがだんだん完成されてきて、ああそろそろ芸祭始まるな……って思うことが学校に行かないからない。その分オンラインで盛り上がっていたのに、それをほとんど知らないという。芸祭含め大学関連のことがまじで何も入ってこない。SNSやらないだけでここまで情弱になるとは……とネット社会の色んな意味での恐ろしさを実感しています。

以上、日誌のネタがないというネタで書いた当たり障りのない個人的な日記でした。

めちゃくちゃ濃い内容のレポの後にこの記事なのが申し訳ないですが……。

それでは、また。