TOPへ戻る

芸研日誌

芸研日誌

2020年04月22日

京芸Neo新歓 やってます

初めまして。二回生になりました小田中望人です。好きな作家は梶井基次郎。病気を拗らせた、なんともいえぬ不思議な物悲しい雰囲気が大好きです。

コロナが猛威を振るう中、私はネット巡回に勤しんでおります。お気に入りの配信者の動画を愛犬を抱き、紅茶片手に見る……。とても優雅なひと時です。うーん、各所からお叱りを受けそうな様子ですね。

ブラックジョークはさておき、皆様は京芸Neo新歓というものはご存知でしょうか。

京都市立芸術大学には毎年春に、その年の一回生の入学を歓迎し、京芸の紹介をする新入生歓迎会、略して新歓というものがあるのですが、このコロナ騒動のために今年の新歓はなくなってしまいました。

そこで有志一同が集まって立ち上げたのが京芸Neo新歓です。なんでも、

#春から京芸 の皆様ご入学おめでとうございます有志による新入生のための #京芸Neo新歓 始動します!! #京都市立芸術大学 の学生は要チェック     (京芸Neo新歓 twitterより)

とのことです。現在(4月22日時点)は新入生から現役生への質問、アンケートが投稿されています。

先日のアンケートはパソコンを持っているか否か、持っている人はMac派かWindows派か?でした。

画像

なんとなく京芸生はみんなMacユーザーのイメージがありましたが、そんなにパソコンを使わない、という人も多いのかもしれません。学科ごとなどの詳しい内訳も気になるところです。

京芸Neo新歓はまだ始まったばかりです。新入生からの疑問をまだまだ募集するとともに、様々な情報を発信していくとのことなのでぜひチェックしてみてください。